謎のビニールひも風俗という所沢 | 出会いは人妻風俗だった

 

謎のビニールひも風俗という所沢

  • 投稿者 : 28歳児 
  • 2012年8月9日 7:29 PM

彼は空気が変わったのを感じた。まわりの空間が収縮したのを感じた。必死で音を聞き分けようと、耳を澄ます。「ヤンキー・ドゥードル・ダンディ」どこかから管楽器の音色が聞こえてくる。たしか古い白黒映画で使われていた歌だ。シャッターの閉まる音。ドスンというかすかな音。雨は小降りになっている。目の前に影が現われた。彼は目をしばたたかせた。狭い道をはさんだ正面の壁に、影がかたまって揺れている。窓で濡れた格子がちらちら光っている。彼は息を吸いこんで、とめた。はらわたが溶けるのを感じた。たぶん所沢に対しこのまま黙って死ぬのを待とうか?あるいは全力で走れば、あの銃を持った鈍重な連中から逃げられるだろうか?それとも、銃の射程距離から出るまで気づかれない、いや、いまもまったく気づかれていないという、わずかな望みに賭けようか?もしここから逃げ出せたらー彼には心に決めている計画があった。あの馬鹿野郎どもが、自分たちの成功を祝っているのを立ち聞きしたとき、思いついたことだ。もっとずっと前に思いつくべきだったこと。復讐だ。ピップは思いきって戸口から顔を出し、チャーターズ通りのほうをうかがった。誰もいない。コミック漫画の悪党のように、背中を丸めて銃を構えたやつなどいない。言わせていただきたい。所沢といえばサイトアクセスの多いコチラからです。彼は笑いだしたかった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。